名古屋・三重・岐阜を中心に税務調査をサポート

税務調査サポート.com

  • お問い合わせ・アクセスはこちら
  • 0120-41-2403
  • HOME
  • HOME
  • 税務調査の基礎知識

税務調査の基礎知識

日本の税制は、「自主申告」が基本となっています。つまり、自分で納める税金は自分で計算することになっているため、自分で所得額の計算を行い、それに基づいて税額を算出して自ら申告しなければなりません
 

IMG_53030003.png

ところが、全ての納税者が、必ず納税義務を正しく、漏れなく履行するかとなると、誤った解釈による計算ミス、申告漏れ、あるいは脱税といった申告をすることがなきにしもあらずという現状があります。そのために、税務調査というチェックが入ることになっているのです。


すなわち、税務当局による検証によって、税金の申告及び納税の正確を期し、租税負担の公正・平等を図ることを目的としています。
これにより、納税の社会的公正が保たれ、国の財政の基本である税金が確保されるというわけです。


税務調査が入るとなると、申告のどこかを指摘されるのではないかと、誰でも不安で嫌なものです。しかし、国が行う調査ですから、任意調査とはいえ実質的には強制的で拒否することはできません。顧問税理士がいるなら立会いのもと、事実に基づいて応じなければなりません。


税務調査の基礎知識は、以下のコンテンツを参考にしてください。

・強制調査と任意調査
・税務調査の受忍義務
・税務調査の時期
・税務調査の調査項目

▲このページのトップへ戻る。



税務調査が入ったら・・・

当事務所に関する詳しい情報はコチラ

satou.PNG

費用の目安

 

心グループのご紹介

ご相談のながれ

 

問い合わせ・アクセス