名古屋・三重・岐阜を中心に税務調査をサポート

税務調査サポート.com

  • お問い合わせ・アクセスはこちら
  • 0120-41-2403
  • HOME

査察とは

悪質な脱税などを摘発する為、国税局が裁判所の令状を持って調査をするケースで、当然拒否権はありません。内部告発や密告などで事前調査が始まりに、証拠などに対する事前準備が相当進められた後に査察が入ります。

IMG_54680005.png

会社、社長自宅、取引会社、会計事務所、いろいろなところで同時に調査が入ります。このケースにおいては追徴税額次第で「刑事事件」に発展する為、残念ながら交渉の余地はありません。警察の取調べと一緒で、虚偽の証言は罰せられます。


そもそも多額の脱税行為を行っている会社は、税理士に虚偽の決算資料を提出している場合など、顧問税理士ですら脱税の手口を知らないケースが多いので対処が出来ないことが多いです。

 
 

▲このページのトップへ戻る。



その他の「税務調査Q&A」についてはこちらです。


・査察とは
・反面調査とは
・銀行調査とは
・いわゆるお土産は必要か
・税務調査のリハーサル


税務調査が入ったら・・・

当事務所に関する詳しい情報はコチラ

satou.PNG

費用の目安

 

心グループのご紹介

ご相談のながれ

 

問い合わせ・アクセス